2014年11月16日

肌荒れが起きやすい最低気温って何℃?


スポンサードリンク




悩む.jpg

こんにちは、mihoです。

寒くなると気になる肌荒れ。

私も肌荒れがとても酷く毎年悩まされています。

先日テレビを見ていたらこんな気になる話題が!!

「テレビ朝日. グッド!モーニング 依田司のお天気検定」の11月10日放送分なんですが、今から14年前の2000年にハンドクリームで有名なユースキン製薬さんが「「いい手・やさしい手をいつまでも」という願いを込めて11月10日をハンドクリームの日(記念日)登録された日なんです。

そういや、薬店勤務時に、ユースキン製薬さんが営業で来られた際にそんな話題を言っていたなぁと思い出しました。



スポンサードリンク






毎年11月10日頃からどんどん寒くなってきて、最低気温が10℃を下回る傾向にあるそう。


気温が下がってくると、体の表面の血流が悪くなり、空気の乾燥によって急激に肌荒れがおこりやすくなるんです。


毎日保育園へ送り向かいをするとき、自転車のハンドルを持つ手がひび割れてくるのがちょうどこの時期だな・・・と妙に聞き入ってしまった話題でした。

そしてその手荒れ対策(肌荒れ対策)として、ハンドクリームの売上が急増するので「ハンドクリームの日」が制定されたそうですよ。



空気が乾燥すれば当然皮膚の角質層(表面部分)の水分は蒸発しますし、寒くなれば食器洗いや手洗いなどにお湯を使う機会も増えて皮膚の油脂分が減少。

そりゃー手荒れや肌荒れも起こしますよ。

皆さん、寒い季節のスキンケアはしっかり行いましょうね♪






スポンサードリンク

posted by miho-away at 14:15 | Comment(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。