2014年11月23日

マロボ温泉〜コバルトブルーに輝く秘湯〜


スポンサードリンク




マロボ 景色.jpg

こんにちは、mihoです。

今回は東ティモール国民がこぞって行きたいというマロボ温泉について。

首都ディリから移動すること約9時間かかるそうです。
秘境の地にある温泉は一体どんな温泉なのでしょうか?






▼マロボ温泉とは?




マロボ温泉はその昔、ポルトガル占領時代に保養地だった場所。

いまでもその雰囲気は残っており、大きなプールのような湯船と、石造りの建物跡が見られます。

21位世紀に最初の独立国となった、東南アジアに位置する東ティモール。
そこには想像を絶する絶景が!!





マロボ温泉.jpg




こんなに開放感あふれる温泉、日本ではありえません!!


スポンサードリンク






私が調べたところ、マロボ温泉は43〜48度くらいの含硫黄石膏泉らしいです。
ちょっと熱めですね、でも浸かると気持ちいいんだろうなぁ・・・。






グリーン.jpg



コバルトブルーに輝いております。
美しい!!


写真.jpg


温泉が大量に湧き出ていますね。


天然温泉なので、底に溜まった泥で泥パックもできるそうですよ。

こんな温泉いつかは行ってみたいですよね♪








スポンサードリンク

posted by miho-away at 13:59 | Comment(0) | 絶景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。