2014年11月27日

ポイントを押さえよう!!簡単なビブラートの出し方


スポンサードリンク




歌.jpg
こんにちは、mihoです。

今回は「簡単なビブラートの出し方」のついて。


■そもそもビブラートってどんなものなの?



人前でカラオケを歌うときに、上手にビブラートをかけてバラードなんて歌えたら
なんてかっこいいんでしょう。一目置かれること間違え無しです。
歌が上手な人には、誰もが一度は憧れることでしょう。


では、皆さんは「ビブラート」とはどんなものかご存じでしょうか?
歌声が綺麗に揺れている、あの感じですよね?


「ビブラート」とは、簡単に言えば「周期的な音の揺れ」の事です。
ただし、音が揺れれば何でも良いという訳ではありません。


一般的には音の揺れ幅が一定であること、音の揺れる速さ(間隔)が一定であること
音が途切れないこと等が綺麗なビブラートに聴こえるための条件と考えられています。


定義がはっきりと決まっていないため、ビブラートとは何かという解釈は人により異なります。


ビブラートには様々な種類があり、プロの歌手の方でも全く違うビブラートを使っています。
声を震わせるのに使う場所や、震わせる強さなど様々です。
ですが、素人レベルでは、ビブラートの種類にまでこだわる必要はあまりないと思います。



■ビブラートの出し方



基本的に、「ビブラート」とはお腹でかけるものです。自分で横隔膜をコントロールして
声帯に空気を送り込むことによって、ビブラートを行います。


「あ〜」と発声しながら、自分の手を使ってあばら骨の下の辺りを押したり揺すったり
してみてください。
その時に出ている「揺れている声」がビブラートがかかっている声です。


この声を自分でコントロールして出す事によって、上手にビブラートを使えるようになります。
最初はいまいち分からなくて当然です。まずはビブラートの感覚を掴んでみて下さい。



■ビブラートの練習法

スポンサードリンク








では、誰にでも出来る簡単なビブラートの練習法を紹介しましょう。


最初はゆっくりでいいので、「あーーーーー」と長く大きく声を出して発声練習をして下さい。
次にゆっくりでいいので、「あーーーぁーーーあーーーぁーーー」(半音上げたり下げたり)と
周期的になるように意識して発声練習をしてましょう。音が揺れていますよね?


「ビブラート」とはこの周期的な揺れのことなので、慣れてきたらこの間隔をどんどん短く
そして一定にしていくことで自然と綺麗なビブラートになっていきます。


ある程度ビブラートができるようになったら、実際に歌っている最中に入れてみて下さい。
始めは「ららら〜」といった感じで歌詞を無視して声を出してみると良いでしょう。


曲の中の「ビブラート」をかける位置が定まってきたら、次に歌詞をつけてみます。
ビブラートをかける前の単調な歌よりも、見違えるように表情豊かな歌になったことでしょう。


このように「ビブラート」は、コツさえ掴めば意外と簡単に習得することが出来ます。
この簡単な練習法で、是非あなたの歌を上達させてみてはどうでしょうか?


こちらの記事もよく読まれています。





スポンサードリンク

posted by miho-away at 13:25 | Comment(0) | 雑学・小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。