2014年12月12日

だから荒野ドラマ化で鈴木京香・高橋一生出演!あらすじと少しネタバレ


スポンサードリンク






トラック.jpg


こんにちは、mihoです。

今回は新ドラマ「だから荒野」について。


一月スタートのNHK・BSプレミアムの新ドラマ「だから荒野」
「OUT」で有名な人気作家桐野夏生さんの作品「だから荒野」が原作です。


この作品は小説としても発売されているのですが、もともとは朝日新聞で「新聞小説」として
連載されていた作品。

桐野夏生さん独特の世界観「桐野文学」を、出演者の方がどんな風に演じられるのか楽しみなドラマです。









▼気になるキャストは?







献身的に家庭を支えてきた主婦・森村朋美  鈴木京香


献身的に家庭に尽くしてきたが、身勝手な夫と母親である朋美を軽視する息子たちに
我慢の限界を感じ、車で家出をする。








身勝手な夫・森村浩光  杉本哲太


妻に家出をされたというのに、夫の浩光は勝手だ・身勝手だど非難するのみ。









長男・森村健太  前田公輝




次男・森村雄太  浜田龍巨




福岡に住む朋美の親友・滝川知佐子  YOU




家出の末、困った朋美を助けてくれた美貌の少年・亀田章吾  高橋一生




なども出演されています。








▼ドラマのあらすじ


スポンサードリンク






専業主婦の朋美は46歳の誕生日の夜に、身勝手な夫・浩光と長男・健太、次男・優太に愛想を尽かしてしまい、家族を置いて車で家出をする。

行くあてがないまま、福岡に住む朋美の親友・知佐子に誘われ、ひたすら高速道路で
車を西へ走らせたが道中で夫の浮気が発覚したり、主婦売春と間違われてトラック運転手に迫られたり、揚げ句の果てに車を乗り逃げされるなど、様々な出来事と遭遇。

途方に暮れ困った朋美は、ヒッチハイクで長崎に行くことにする。

そこで車に乗せてくれたのは、青年・亀田章吾と老人・山岡の2人連れだった。


かつて原爆によって荒野となってしまった町で様々な人と巡り合い、朋美は自分の心の中にある“荒野”に気付く。







▼まとめネタバレかもしれません)








原作を読まれている方はもう分かっていると思いますが、ドラマのあらすじと原作は微妙に設定や
話が違います。

ドラマでは福岡の親友・佐知子と言う人物が出て来て、親友に誘われて車を西へと走らせていますが
原作では、結婚前に付き合っていた彼が居る「長崎」へ、ふと行ってみることになっています。

(ちなみに、家出に使用した車は、夫・浩光の愛車ティアラだったかな?
確か浩光のゴルフバッグとポーチを乗せたまま家出するんですが、、ゴルフ場で知り会った人妻の連絡先が書いてあるメモが入っているので浩光は妻が家出したことよりそっちを心配していたと思います。
それで浮気がばれるんじゃなかったかと・・・。)

また、原作では長男は大学生、次男は高校生の設定でしたが、次男役の濱田龍臣さんは
まだ若いので、高校生役より中学生な感じがします。(私の勝手な想像ですが・・・)

美貌の青年・亀田章吾も原作では居なかった人物だった気が・・・。

ドラマの中で出てくる亀田章吾が、原作での「昔の彼」にリンクするようなことになるのでしょうか?

実はこの「だから荒野」の原作は、読書好きの中ではあまり高い評価はされていない作品だったんです。

(結構酷評が多かった気が・・・私は好きでしたが。)

しかし、原作とのちょっとした違いに着目すると、原作を読まれている方でも
また一味違った「だから荒野」を楽しめるんじゃないでしょうか?






新ドラマ「だから荒野」
毎週日曜日 夜10:00〜10:50
NHK・BSプレミアムで1/11スタートです。















スポンサードリンク

posted by miho-away at 14:20 | Comment(0) | テレビ・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。